産後骨盤矯正の重要性とは??

2020.01.16

ブログ

皆さん、こんにちは!

やすらぎハリキュウ整骨院石田の澤野です!

 

1月も半ばになり日中も寒い日が続きますが風邪などは引かれていないでしょうか?
空気も乾燥して風邪やインフルエンザが流行りやすい季節ですので特に受験生はお気をつけ下さい!

 

さて、今回は産後の骨盤矯正についてご紹介していきます!

 

皆さんは出産後、姿勢が悪くなったり腰痛や恥骨痛が出るようになったり冷え性等が出る事はありませんか?

 

実はそれらの症状は全て産後の骨盤の歪みから来るものなんです!!

妊娠をすると、赤ちゃんを骨盤内で育て分娩時に骨盤を通りやすくするため、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

そのホルモンの作用により、骨盤周りの靭帯や筋肉が緩み、骨盤が少しずつ開いていきます。

 

開いた骨盤は、通常であれば産後に徐々に閉じてきますが、産後は無理な体勢での抱っこや授乳等、通常よりも身体に負担をかける体勢も多くなり、骨盤がズレたり歪んだりした状態になってしまい産前の状態まで骨盤が戻らないということもあります。

 

その悪い状態が続くと腰痛や恥骨痛、冷え性や姿勢の悪さが出てきてしまい日常生活に支障をきたすようになってしまいます…

 

そうならない為に出産後体調が安定する1~2ヶ月後程から始めることが大切になります!

 

当院では出産後、子育てを少しでも楽な身体でして貰えるように全力でサポートしていきますので是非一度ご相談下さい!!